シルク印刷でTシャツプリントのお仕事。3mmの小さな文字をプリントしましたよー。

シルク印刷のフィルム

「今村さーーーん。Tシャツプリントお願いーー」

と言うことで早速、製版作業へ。

全部で3種類、4版作ります。

しかしデータを見てビックリ。

一番小さい文字は高さが3mmもありませんー。

こりゃプリント出来るかね??

 

プリント用の版は出来るんです。

問題はプリントが上手いこと行くかどうか。。

 

↓位置を合わせて。

シルク印刷の製版

製版の時にキッチリ位置を合わせます。

ま、多少はズレても調整出来るのですが

面倒なので製版の時にミリ単位で合わせておきます。

 

↓焼き上がり。

シルク印刷の製版

業界では何故か「版を焼く」って言います。

何故なんだろう??

実際に火を当てて焼くわけじゃ無いのに。

この業界に40年近くいますが理由は知りません。

 

↓黒Tシャツに一回目のプリント。

Tシャツにシルク印刷

濃色系のTシャツは1回プリントした位じゃ

下地が透けて上の写真みたいな感じになります。

なので、パネルヒーターで一旦乾燥させて

2回目のプリントへ。

 

↓重ねた結果。

Tシャツにシルク印刷

はい。

真っ白に仕上がりました。

正直な話、濃色系のTシャツに白でプリントは

一番大変です。

時間も体力も2倍3倍とかかります。

 

↓乾燥機へ。

Tシャツプリント乾燥機

ベルトコンベア式の乾燥機で完全乾燥。

これでカラッカラに乾いちゃいます。

おそらく雑菌も死んじゃいます。

乾燥機の炉の温度は160℃超程度。

出てきたTシャツを触ると

アチッ!って感じです。

 

↓例の3mmの文字は。。

Tシャツにシルク印刷

なんとか行けました。

ま、誰も気づいてもくれないのでしょうけど

私達は目の前で手に取って見るので

出来がすごく気になるのです。

 

↓袖にもプリント。

Tシャツの袖にプリント

これは4着だけの注文だったのですが

毎日、着替えそうな雰囲気の方だったので

シルク印刷にしました。

本当は4着ならラバーシート貼り付けるんですけど

ガンガン着替えて洗濯すると

1年程度でラバーシートは限界が来ます。

なので、今回は丈夫なシルク印刷で製作。

ま、その前に作りかえて頂けるとありがたいのですが(笑)

 

↓ちょっと並べてみました。

Tシャツの袖にプリント

左が速乾Tシャツ。

右が綿(コットン)です。

これも近寄ってジーッと見ないと解らないのですが

どっちがキレイ?って聞かれたら

左の速乾Tシャツってなります。

何故かというと綿のTシャツは表面が毛羽立っているので

どうしても印刷面が若干ですが荒れるんです。

ま、これも顔を寄せて見ないと解らないレベルですけどね。

 

↓袋詰めー。

Tシャツにシルク印刷

1枚1枚たたんで袋詰めします。

誰がって、私です。w

 

/////

5月も終了ですね。

見事に仕事しませんでした。

創業35年目の月なので

ハリキッていたのですが

緊急事態宣言でスッタリ。

いったいどうなってしまうのだろう。。

ドキドキしながら

次の一手を考えてます。

な・の・で

応援よろしくお願いします。

ではでは(=^∇^=)。

お問い合わせはお気軽に

Facebook コメント

博多華丸・大吉のなんしようと?にて紹介されました。

博多華丸・大吉のなんしようと?
博多華丸・大吉のなんしようと?にて当社が紹介されました。色々な方面からお祝いの言葉やお仕事のお話しを頂いております。プリントTシャツや刺繍・看板のことなどお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お電話は092-591-5877
携帯は090-8830-9969 今村まで
fax→092-591-5855
もしくは専用のお問合せフォームからどうぞ。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA