選挙スタッフジャンパーが出来るまで。トラブルを克服して何とか終了ー。

選挙スタッフジャンパー製作

遊説隊スタッフジャンパーのご注文です♪

最初はビニール製のジャンパーで話が進んでいたのですが

ビニール製は印刷方法が限られてくるのでポリエステル製をご提案。

金額もちょっとだけプラスして頂ければOK。

 

とここでTシャツに直接印刷出来るガーメントプリンターにニュースが。

ガーメントプリンターは合成繊維にプリント出来なかったのですが

専用の前処理剤が出来たと連絡。

よっしゃー。タイミングよし。

早速、ポリエステル製ジャンパーに前処理剤を塗布してプリント。

。。。。。

。。。。。

だめ。

こんなもん商品として出せない。

私が納得出来ない物は出せない。

 

で、急遽熱転写で製作に変更。

と思ったら専用のノートパソコンがいきなり故障(涙)

はぁ?まだ買って2年もならないのにー。

すかん。

販社の方に同じ機械を持っている方を探してもらって

専用ペーパーにプリントだけしてもらいました。

 

↓この時点ですでに夕方5時(大汗)

トナー転写

右側がプリントした専用の用紙。

左が裏のりを付けた状態です。

この糊付けがキモの作業。

この糊に熱を加えると溶けて生地に付くという仕組み。

 

↓熱圧着ホカホカの状態

選挙スタッフジャンパー製作

高温で溶かした糊が冷えて固まるまでちょっと待ちます。

焦って作業進めると100%失敗するのでここは慎重に。

 

↓バッチリ出来ました。

選挙スタッフジャンパー製作

きれいに転写されました。

この製作方式を使用すれば細かい部分も綺麗に表現出来ます。

もちろん写真もオーケー。

 

↓抜け殻。w

トナー転写

こんな感じで文字やイラストの部分だけがスポッと

抜き取られます。

不思議です。

原理はイマイチ解りませんw

 

↓仕上げプレス後。

選挙スタッフジャンパー製作

仕上げプレスをすると転写部分が生地になじんで

洗濯堅牢度が一気にアップします。

 

↓胸の部分にもマークを転写。

選挙スタッフジャンパー製作

小さめの熱転写機で先程と同じ作業を繰り返します。

大きくても小さくても作業工程は同じ。

熱転写の時間も冷やす時間も決まっているので

急ぎようがない仕事です。

 

↓完成の図。

選挙スタッフジャンパー製作

袋詰めして完成ー。

時間は夜10時。

足腰ガクガク。

パソコントラブルやらなんやらで

どうなるかと思いましたが何とか完成。

 

背中と胸に転写しましたが今回の作業時間は

二人で5時間。30着で5時間です。

なんとも手間と時間のかかる熱転写作業ですが

フルカラーの場合の製作方法はこれ1択でしょう。

 

/////

まさか購入して2年のパソコンが壊れるとは思わなかったので

今回は色々とご迷惑をお掛けました。

ホントにすんません。

 

と!ここまで書いてフッと思った。

白生地でポリエステル100%ってことは。。

。。。

昇華転写いけるんじゃないっすか。

まじで行けるんじゃないっすか。

そしたら時間も材料代もグッと抑えられるんじゃないっすか。

と言うことで実験開始します。

結果は次回のブログで。w

ではでは(=^∇^=)。皆様は良い3連休を。

Facebook コメント

お問い合わせはこちらから

看板・垂れ幕・のぼり旗・応援旗・Tシャツ等々、ほぼ全ての商品を自社製作しております。
金額や納期の相談等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

特にお急ぎの場合は携帯電話へ御連絡下さい。
090-8830-9969 今村
fax→092-591-5855

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA