暗闇でボワーっと光るワッペン作ってみました。

安全第一刺繍ワッペン

前から気になっていた暗闇でも光る糸。

そう。

お日様の光を溜め込んで夜光る蓄光糸。

子供の頃、光る玩具を押し入れに

持ち込んでいた記憶がよみがえる。w

 

↓早速暗がりへ。

安全第一刺繍ワッペン

いやー。想像通り光ってます。

会社に押し入れは無いので

トイレで。w

ちなみに蓄光タイプの糸ですが普通の糸と比べて

4倍以上の値段がします。

ちょーっと大事に使わねば。。

 

↓早速、刺繍データ制作。

安全第一刺繍ワッペン

ここは需要がありそうな建築業界を狙って。w

安全第一ワッペン。

ちょっと洒落た飾り枠を使って

英語版と日本語版を作ってみました。

 

↓パソコンから刺繍機にデータを送ります。

安全第一刺繍ワッペン

刺繍機にもWindowsが入っているんですよ。

Windows Embroideryバージョン。

この小さな画面で色々な設定をします。

 

↓おぉぉぉー。

安全第一刺繍ワッペン

良い感じです。

早速、暗がり(トイレ)へ。

 

↓おぉぉぉー。

蓄光刺繍ワッペン

ところでなんで光るのでしょう??

放射能とか(笑)そんなわけ無い。

 

調べてみたら、昔はまさにラジウム!!

放射能やん!!

あぶなー。

 

放射能を含まないのが出来たのは1993年と

つい最近やん!

まだまだ発展途上の技術のようです。

 

↓続いて。

安全第一刺繍ワッペン

隙間を埋めるために

通常の四角いタイプも作ってみました。

白い部分がすべて蓄光タイプの糸です。

 

↓裏側の紙を剥がします。

安全第一刺繍ワッペン

布だけに刺繍しちゃうとどんどん縮みます。

それを少しでも防ぐために特殊な紙を下に敷いて

一緒に刺繍してます。

刺繍が終わったら役目終了なので剥がしてしまいます。

 

↓糊付け。

安全第一刺繍ワッペン

裏側に強力な糊を貼り付けます。

普通のワッペンは洗濯とかで剥がれちゃいますけど

この糊なら大丈夫。

少々のことでは剥がれません。

ま、剥がれたときは縫い付けちゃいましょう。

 

↓周囲をカット。

安全第一刺繍ワッペン

ヒートカッターを使って

周囲を溶かしながらカットして行きます。

ハサミで切っちゃえ!って。

ダメです。周囲がほつれちゃいます。

必ず溶かしながらカット。

 

↓完成ー。

安全第一刺繍ワッペン

ちなみに下地の布は黒以外にも紺色とか

赤とか色々あります。

 

↓やっぱ光らせてみる。w

蓄光刺繍ワッペン

部屋の電気を消してテスト。

いやー。思った通りの出来に満足満足。

 

気になる蓄光タイプ刺繍ワッペンの価格ですけど。

お洒落なフレームタイプで800円程度。

四角いので600円程度。

もちろんオリジナルも出来ちゃいます。

お問合せはお気軽にどうぞー。

/////

先週から思いっきり風邪をひいて

完全にダウンしてました。

熱は38℃までで止まってくれたので

なんとか持ちこたえ。

若いときは風邪ぐらい何てこと無かったのですが

還暦を前にして弱ってるなーと実感。

今日もまだ本調子ではありませんが

ぼちぼち頑張って参りますので

よろしくお願い致します。

ではでは(=^∇^=)。

Facebook コメント

当店オリジナルTシャツ販売開始!

当店オリジナルTシャツ第一弾が出来ました。日本の代表的タワーのなかでも6兄弟と言われるタワーをイラストで表現してみました。イラストは新たに書き起こした新作。完全なオリジナル商品です。素材は5.6オンスのコットン100%。着心地も良くしっかりしているので洗濯で簡単に首が伸びたりすることもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA