メッシュターポリン懸垂幕を取付に。腕が棒に。ww

ビルの5階

ビルの5階から下げる懸垂幕を取付に来ました。

久々の高所の現場。腕が鳴るぜ。w

しかし、現場に着くとすんごい強風。

時折、雪のおまけ付き。

 

懸垂幕の長さは10mこれを私一人の人力で

引っ張り上げるというなめた作戦。

 

案の定、半分ほど引き上げたところで腕が棒(笑)

風に煽られてウソみたいに重いんです。

途中からピクリとも動きません。

手にロープが食い込む食い込む。

 

まじで泣けました。我が力の無さに。

ロープを足で踏んづけて、しばし休憩。

そしこここから気合いで引っ張り上げました。

腕が棒+手が充血(笑)

 

↓上から順番にロープで結んでいきました。

メッシュターポリン

階段の踊り場なので風が吹き抜けます。

こんな所に普通のターポリン懸垂幕を取り付けたら

あっと言う間に破損するでしょう。

メッシュターポリン万歳です。

 

↓完成の図。

メッシュターポリン懸垂幕

バッチリです。お客様にも喜んで頂けました。

当社のメッシュターポリンは目が細かいので

プリント面もクッキリハッキリ見えます。

プリント面もキレイで強風にも強い。

良いとこ取りのメッシュターポリンなのです。

 

と、ここでお話しが。。

 

明日はビルの撮影があるので外すそうです。

マジですか〜。ならば取付は明日でも良かったのでは??ww

付けるの大変ですよ〜。

頑張って下さい〜。ww

 

↓野多目工場に戻ってシルク印刷版作り。

シルク印刷フィルム

シルク印刷用のフィルムと最後のにらめっこです。

まだフィルムの段階なら修正も効きます。

版を焼いてしまったらもう後戻りは出来ません。

万が一にも間違いを見つけてもアウト。

フィルムから作り直しとなります。

 

問題も無さそうなのでOKとなりました。

さーて帰るかと振り返ると。。。

事務所入り口

あー!

思い出すわ。この扉の感じ。

30数年前の深夜。

残業していたら扉がガラッと開いて

「あんた!看板屋ね。俺も看板屋たい!仲良くしょうや!」

と酔っ払った方が乱入。

何を隠そう、この人が小西さんでした(笑)

 

2日後には一緒に近くの飲み屋さんへ。

ここで一気に意気投合してそれから大親友となりました。

ある日なんて残業していたら

またまた小西さん酔っ払って乱入。w

 

私がカッティングシートを貼って看板を作っていると

「そうやない!こげんするったい!お手本見せちゃる」と

わたしから道具を取り上げて!

えい!

バリッ!

 

ええ。見事に破れました。

酔っ払って力任せですもん。破れますわ。

「ありゃー。帰るね。ごめんね」と去って行かれました(笑)

 

この事があってから私が酔っ払うたんびに

「小西さんに看板破られたもんねー」と言うと

「悪かった悪かった。おごるけん呑まんね−」と

お約束のようにおごってもらってました(笑)

 

小西さんの話は尽きません。

次は何をバラしてやろうか(笑)

ではでは(=^∇^=)。

 

 

Facebook コメント

博多華丸・大吉のなんしようと?にて紹介されました。

博多華丸・大吉のなんしようと?
博多華丸・大吉のなんしようと?にて当社が紹介されました。色々な方面からお祝いの言葉やお仕事のお話しを頂いております。プリントTシャツや刺繍・看板のことなどお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お電話は092-591-5877
携帯は090-8830-9969 今村まで
fax→092-591-5855
もしくは専用のお問合せフォームからどうぞ。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA