Tシャツの胸にワンポイント印刷が出来るまで。

Tシャツ

同窓会総会が行われると言うことで記念品としてのTシャツのご依頼。

胸にワンポイントのみでしたので

久々にシルク印刷で製作することにしました。

(久々言ってもホントに久々で14年ぶりです(笑)

 

14年前は私が印刷してましたがシルク印刷は

高田君に任せているので今回もお願い。

 

↓シルク印刷用の版です。

Tシャツ印刷機

以前紹介したクルクル回る印刷機です。

↓回る様子(笑)

実際にはクルクル回しません。w

左右に動かすぐらいですよ。

 

↓Tシャツへのテストプリント。

校章シルク印刷

うーん。

ちょっと滲んでます。インクが載りすぎてます。

ちなみに使用しているインクは水性のラバーインクです。

 

普段は溶剤系のインクしか使ったことがない高田君。

スキージも軟らかいので、ちょっと苦戦してましたが

テスト回数を重ねるうちに。。

 

↓うんうん。

シルク印刷

OKです。良い感じです。

布用のシルク印刷はチカラ加減がキモなので

そこに慣れるまでがちょっと大変です。

 

↓さて本番へ。

Tシャツ印刷機

やっと私の出番(笑)

印刷台へTシャツを着せてセット。

この時に糸くずやホコリを綺麗に払って真っ平らにします。

 

↓そして印刷。

シルク印刷

インクの堅さ、スキージ(ゴム製のヘラ)の角度、チカラ加減。

ちょっとしたコツが必要ですが慣れれば大丈夫。

 

と、いかにも自分でやっているように言ってますが

私は昔取った杵柄でアドバイスしているだけ。w

印刷は高田君にお願いしてます。

 

↓印刷中は版がインクだらけに。

Tシャツ印刷

スキージ(ゴムのヘラ)でこね回すので

インクはどんどん堅くなってきます。

適度に見計らってインクを薄めて使います。

 

↓私の仕事

Tシャツ印刷

印刷機にTシャツをセットしたり

印刷終了したTシャツをハンガーのかけたりと

結構、重要な役目。

印刷したばかりのマークは乾いてないので

となり通しが引っ付かないように慎重に掛けていきます。

 

↓無事に終了。

Tシャツ印刷

久々の立ち仕事でヘトヘト(笑)

ただ、Tシャツをハンガーに掛けたりするだけの作業だったのに

どれだけ衰えているのかと。w

/////

14年ぶりのTシャツへのシルク印刷。

布用のインクや版は全て処分していたので

一から全て揃えての作業となりましたが

今後の主力なるかもしれないので良しとしましょう。

さて、じつは次のTシャツも控えてます。

今度は黒の速乾Tシャツへのシルク印刷。

胸、背中、袖への3箇所。

枚数もそこそこあるので

ちょっと足腰を鍛えてから挑戦したいと思います(笑)

ではでは(=^∇^=)。

お問い合わせはお気軽に

Facebook コメント

博多華丸・大吉のなんしようと?にて紹介されました。

博多華丸・大吉のなんしようと?にて当社が紹介されました。色々な方面からお祝いの言葉やお仕事のお話しを頂いております。刺繍ワッペンやPayPayのぼり旗の事・看板のことなどお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お電話は092-591-5877
携帯は090-8830-9969 今村まで
fax→092-591-5855
もしくは専用のお問合せフォームからどうぞ。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA