MacintoshのシステムをMacOS Catalinaにした顛末1年後。。

Macintoshメモリ32G

ユーチューバになった訳ではないですが

動画編集するようになってメモリ不足が露呈。

そこで私のiMac最大の32Gにしちゃいました。

昔は恐ろしく高かったメモリも今では8Gで2,600円程度。

もうね。ビックリですよ。

私のiMacは購入して5年のご老体。

もうちょっとがんばってもらいますよーー。

 

そこで以前トラブったOSのアップデートを実行。

トラブった時のブログはコチラ↓

Macintoshのシステムを最新のMacOS Catalinaにした顛末。。

提供されて1年以上経ったのでもう大丈夫だろうと。。。

 

↓ドキドキ。

MacOSCatalina

何の問題も無くインストールは無事に終了。

問題はここから。

以前は仕事で使うIllustratorが落ちまくって泣いた。

結局、元に戻した。

あれから1年。

Adobeは対策をしてくれたのだろうか。

いや、しているはず。。

 

↓。。。。。

AdobeIllustratorが落ちる

落ちる。。

前回と同じ症状。

eps保存をしようとすると落ちる。

正確には保存しかけたようなデータが出来る。

これでは仕事にならない。

 

↓なんと!!

Adobepremiereが落ちる

動画編集ソフトのpremiereも道連れのように落ちる。

もうね、お話しならない。

おそらく、私のiMac固有の症状だと思う。

何かが悪さをしている。

でも原因なんて解るはずも無い。

 

とりあえずパソコンを再起動をすれば復活する。

しかし何度もフリーズしながらの作業にストレス溜まりまくり。

 

ある日、Illustratorでフォントを選んでいるときにフリーズ(涙)

なんでーーーーー!!

仕方がないのでフォントブックで書体の確認をしようと

起動したらなんとフォントブックまでもがフリーズ。

。。。

。。。

。。。

ひょっとしてフォントが悪さしてない??

書体入れすぎた??

とりあえずパソコンを再起動。

 

とりあえずシフトキーを押しながら起動させて

フォントキャッシュをクリア。

念のため、もう一度再起動。

 

すかさずフォントブックを起動。

↓フォントを検証すると。。。

フォントブック-クラッシュ

重大なエラーが6個のフォントに!!

問題のあるフォントを1つ1つ選んで削除。

小さな問題のあるフォントは様子見でそのままに。

で、ここでもう一度再起動。

 

ここまでが本日夕方の話。

このブログを書いている最中にも

Illustratorやpremiereを触ってみましたが

今のところ軽快に動いてます。

もちろんIllustratorのeps保存も問題なく出来てます。

このまま順調に行きますように。。

/////

世間は明日から3連休なんですね。

私は特にやることもないので事務所にこもります。

ムービーの勉強もしたいし新商品も作りたい。

頑張るぞーーーー!!

ではでは(=^∇^=)。

Facebook コメント

お知らせ。

お問合せ
メールでのお問合せに関しての注意事項です。ご一読お願い致します。
・お問合せメールには一両日中に必ず返信しております。
・メールが届いてない場合は迷惑メールに振りわけられている事がほとんどです。
・返事が来ないと判断する前によくよくご確認下さいませ。
・せっかくお問合せやご注文を頂きましてもこちらからのメールに返信が無い場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。
・デザインを提出した後に連絡が途絶える方もおられます。ショックで夜も眠れません。
以上よろしくお願い致します。
fax→092-591-5855

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA