刺繍ワッペンの貼り付け洗濯実験。結果は。。。

刺繍データ

先日製作した桃太郎屋ネイションの刺繍ワッペン

今度は縁取りだけを刺繍して貼り付けてみようと思い立つ。

これなら刺繍代金は8,000円から3,000円に大幅ダウン。

色物のエンブクロスを使って実験開始。

さて、仕上がりは如何に。

 

↓エンブクロスの裏に紙を貼る。

エンブクロス

布だけだと、どうしても刺繍時に縮みが発生するので

それを最小限に抑えるため裏に紙を貼ります。

これで生地の安定感がグッと増します。

 

↓刺繍開始。

大型刺繍機の裏側

これは大型刺繍機を裏側から見たところ。

定期的に油を差すポイントでもあります。

工業機械なので舞台裏は丸見えです。w

変にカバーなんぞを付けるとメンテナンスがやりにくくなるので

可動部分は丸見えです。指挟んだら?

自己責任は工業機械のお約束です。w

 

↓あっと言う間に完成。

大型刺繍機

縁取りだけなのであっと言う間に完成。

安い!早い!縁取りのみ万歳!w

総刺繍も良いですが色付きの布を利用しすれば

安価に刺繍ワッペンが出来上がります。

 

↓サクッとヒートカット。

刺繍ワッペン

言葉で言うほどサクッとは切れませんよ(笑)

じっくりと溶かしながらのカット作業です。

下地の布はポリエステルなので熱で溶かすことが出来ます。

刺繍部分の糸は熱に強いレーヨンなのでヒートカッターが

ちょっと当たったぐらいでは溶けません。

ま、この辺は経験でカットしていきます。

 

↓熱転写プレス機でTシャツに圧着。

刺繍ワッペン転写

いやーん。もうバッチリですやん。

惚れ惚れします。w

紺色に黄色は映えますね。

ちなみに右側の赤いキットカット冷蔵庫には

私のおやつが入ってます。w

 

↓大サービスのどアップ。

刺繍ワッペン

下地のエンブクロスは刺繍したような雰囲気を持った布なので

本当に刺繍したような感じが出ます。

エンブクロス万歳です(笑)

今回の刺繍費用は?

データ代:6,000円程度。

刺繍代:3,000円程度。

※データ代は初回のみ。

 

さぁ、ここまで来たら洗濯テスト。

巷の噂では刺繍ワッペンはアイロンで付けても剥がれますよ、と

聞いているのですが、実際に自分でやって見なきゃ解らない。

で、洗濯機に放り込んできっちり洗う。

待つこと40分。。。

 

↓。。。

刺繍ワッペンを洗濯

綺麗に剥がれたわ。

最初から何も付いてなかったみたいに

Tシャツには後も何も無し。マジかい。

キッチリ着いていたんですけど。なんでーーーー!

やっぱ熱で付けた後、フチを縫った方が良いですね。

 

手縫いでチクチク縫ってもよし。

ミシンを一番遅いモードにすればカーブも縫えるので

ミシンがある方は縫った方が安心です。

つーか絶対縫ってくれ。100%剥がれることが

今回の実験で証明されました(涙)

修正記事:2018.09 素晴らしいワッペン糊が出ました。ほぼ剥がれることありません。

↓こちらをどうぞ。

刺繍ワッペンの裏のりが強力になって剥がれなくなりました!

次回の実験はTシャツへ直接刺繍です。

乞うご期待。

ではでは(=^∇^=)。

Facebook コメント

453eeeブランドTシャツ販売開始!

福岡を拠点に活動されている453eeeさんのデザインTシャツを当社で製作販売することになりました。デザイナー応援企画第一弾として6種類のデザインで販売開始です。ご興味のある方は是非どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA