蓄光糸を使って非常口ピクトサインを作ってみる

刺繍データ制作

コロナの影響かどうかは解りませんが

仕事がボチボチしか無くて

こりゃイカンと商品開発。

 

何やろうかと考えて。。。

最近は衣類系のサンプルばかり作っていたような

気がしたので今回は看板系で攻めてみようかと。

 

で、最初の写真。

むかーし昔、

印刷でかなりの枚数を作った事がある非常口サイン。

今回はこれを刺繍で作ってみます。

看板用のデータを下地にしてトレース。

何度か作り直してシンプル版に決定。

 

↓まずは下地から。

昇華転写で下地作り

今回は下地にフェルトを選びました。

厚みがあってしっかりしているので

サインに良いかなと。

これを2枚重ねで使用します。

 

で、非常口サインと言えばミドリ色なので

白のフェルトを昇華転写で染めました。

これで下地も完了。

 

↓刺繍スタート。

15色大型刺繍機

衣類と違って失敗しても損害が少ないので

あまり緊張しないです。

ジャンパーへの刺繍なんてドキドキですからね。

失敗したら弁償ですもん。

それに比べたら楽勝です。

 

↓見えてきました。

大型刺繍機

白地にミドリの糸で刺繍しても良かったのですが

データ作った段階で白で刺繍した方が

ステッチ数が少なかったので白糸で刺繍してます。

材料代的にはどちらでも変わらないのですが

刺繍時間の問題だけ。

 

↓おおよそですが1時間ほどで完成ーー。

大型刺繍機

となりにゴゴゴゴって入れてみました。

緊張感あふれる非常口サインです。w

ちなみにこのゴゴゴゴは

イラストレーターでフィルターかけまくって作りました。

それを下地にして刺繍ソフトでトレース。

めっちゃ良い出来のゴゴゴゴ。ww

 

さぁ、ここからが今日のブログの本番。

蓄光糸を使っているので暗いところで

ボワーっと光ります。

子供の頃、押し入れでボワーっと光るおもちゃ入れて

遊んでませんでした??

すこーし緑がかった白っぽいの。

あれですよあれ。

 

↓じゃじゃーん。

刺繍で作る非常口ピクトサイン

いや。。。

ここまでは光らん。ww

これはiPhone12のカメラ性能。

レンズが明るいのでしょう。

めっちゃ光っているように写ってますが

ここまでクッキリとは光りませんよ。

あくまでもボワーっと光ります。

 

↓さっそく設置。

非常口ピクトサイン

いやいやいや。

ここまでは光らん。ww

どんだけiPhone12のカメラは性能良いのだ。

もしこんなに光ったらヤバいでしょ。

放射能出まくりでしょ。ww

 

マジな話、昔はラジウムを使って光らせていたそうな。

そう、皆さんご存じ時計の文字盤。

あれを手作業で塗っていたそうです。

作業されていた方達は見事に被爆。

”ラジウム・ガールズ”

ネットで検索してみて下さい。

 

今は科学が発達してラジウムを使わずとも

光るようになってます。

原理は簡単に言うと紫外線を溜めて

光として放出するみたいな感じだそうです。

 

電源無くても数時間は光り続けますので

一般家庭でもいけちゃうかと。

お問合せはお気軽にどうぞーー。

お問い合わせはお気軽に

/////

1月もあと1週となりました。

アッと言う間に終わりそうな1月。

ちょっとヤバいなーと緊張感マックスです。w

残り1週間!

気合い入れて共々に頑張って参りましょう。

ではでは(=^∇^=)。

 

Facebook コメント

博多華丸・大吉のなんしようと?にて紹介されました。

博多華丸・大吉のなんしようと?
博多華丸・大吉のなんしようと?にて当社が紹介されました。色々な方面からお祝いの言葉やお仕事のお話しを頂いております。プリントTシャツや刺繍・看板のことなどお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お電話は092-591-5877
携帯は090-8830-9969 今村まで
fax→092-591-5855
もしくは専用のお問合せフォームからどうぞ。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA