刺繍文字相撲ゼッケンの筒タイプが出来るまで。

相撲ゼッケン

相撲ゼッケンのご依頼なのですが今回のは

筒タイプにして欲しいとのご要望。

ぬぬ。

どうやってまわしに固定するのかは不明ですが

とにかくご要望通りに作ります。

 

はじめに掃いて捨てるほどある、じゃなくて

売るほどある白い布の裏側に

刺繍用の特殊な紙を貼り付けます。

これで縮みが少なくなって安定した刺繍が出来るようになります。

 

↓スタート。

相撲ゼッケン

油を差して絶好調の刺繍機。

毎日のメンテナンスが欠かせない刺繍機ですが

打ち出の小づちを磨くようにメンテナンスしてます(笑)

 

↓刺繍の様子。音注意。

20倍速でお届けしてます。w

もし、こんなスピードで動いたとしたら

釜が焼き付いてしまうでしょうね。

 

↓終了後にヒートカット。

相撲ゼッケン

ベースの布も裏側に貼った紙もポリエステルなので

熱で溶けます。

なのでヒートカッターで溶かしながら切ることが出来るのです。

しかもフチを溶かしているのでほつれないと言うオマケ付き。

この後、周囲を縫製して袋加工に移ります。

 

↓袋加工。

相撲ゼッケン

上下を合わせて5mm位の所を縫い合わせます。

縫い合わせたらひっくり返して出来上がり。

のはずが。。。

 

↓げーー。。。

相撲ゼッケン

裏側に紙を貼っている布は堅くなってるので

ひっくり返すときにしわくちゃになり申した(涙)

いや、こうなるであろうと想定していたのですが

あまりのしわくちゃぶりにココロが負けた。

こりゃ、お客様が見た瞬間にがっかりするパターン。

絶対避けたい。

それだけはなんとしても避けたい。

 

↓拡大の図。

相撲ゼッケン

刺繍はバッチリ。

下地の布だけシャンとさせればOK。

なので熱プレス機の出番。

持ってて良かった熱プレス機。

たまーに私のズボンも折り目付ける為にプレスしてます(笑)

 

↓プレス後の図。

相撲ゼッケン

ピシャッとなりました。

完璧です。

オールオッケーです。w

 

初めて作った筒タイプの相撲ゼッケンですが

バッチリ出来ました。

ちなみに私一人で全行程をこなしてます。

自分でやれることは全部自分でやるのがモットー。

他人任せにせずに責任持って作ってます。

/////

気分がノっていたので2日連続の更新です。

作業中の写真を撮りためているのでブログネタは

沢山あるのですがあまりにも更新しすぎると

ウザいと思われそうで遠慮しながら更新してます。w

じつは今回の相撲ゼッケンも昨年末にやったお仕事。

あー。忘れとったわー。

アップしてないわー。

 

せっかく頂いたお仕事。

極力、アップするように心がけてます。

中には「これはちょっと。。」

みたいな仕事もあってアップNGもありますが。。w

 

さぁさぁ、週半ばですよ。

気合い入れて頑張って参ります。

ではでは(=^∇^=)。

 

Facebook コメント

お知らせ。

メールでのお問合せに関しての注意事項です。ご一読お願い致します。
・お問合せメールには一両日中に必ず返信しております。
・メールが届いてない場合は迷惑メールに振りわけられている事がほとんどです。
・返事が来ないと判断する前によくよくご確認下さいませ。
・せっかくお問合せやご注文を頂きましてもこちらからのメールに返信が無い場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。
・デザインを提出した後に連絡が途絶える方もおられます。ショックで夜も眠れません。
以上よろしくお願い致します。
fax→092-591-5855

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA