3D立体刺繍入り相撲ゼッケン作ってみました。

相撲ゼッケン

最近、お問い合わせ頂いている相撲ゼッケンですが

通常の刺繍は上の写真のような感じ。

これでもプリントとは比べものにならないぐらい高級な感じ。

今回はもう一段レベルアップを目指して

3D刺繍にてやって見ることにしました。

 

↓ドキドキ。

3D刺繍

随分前に仕入れていた3Dフォームを固定して

上から刺繍していきます。

 

↓ベリベリ〜。

3D刺繍

ミシン目が入っているのでペリペリと剥がれていくと言う仕組み。

しっかし粉がすごい。

コロコロ必須の作業です。

 

↓続けてやってみる。

3D刺繍

縫い方を変えて色々とやってみます。

一番ふっくらする縫い方を探しながら作業。

なんせ、教えてくれる人が周りに誰もいない。

いるのは本業の看板屋さんばかり。

看板のことでどうしても解らないときは

Facebookの看板グループに投稿すれば

諸先輩方が解決策を教えてくれます。

どこかみたいに

「ググレカス」なんて意地悪なことを言う人は

看板業界にはいません(笑)

 

↓なーんか違う。

3D刺繍

刺繍業界で言うところの

残念な刺繍です(笑)

なぜか刺繍業界では下手くそな刺繍のことを

残念な刺繍と言って小馬鹿にします。

マニュアルにも書いてあるので驚くww

 

ま、おそらくですがストレートに

下手くそな刺繍と言うのもはばかれるので

残念な刺繍という言葉を使うのでしょう。

 

ここを見ているご同業の看板屋さんにご質問。

もし御社が製作設置した看板を他社から

残念な看板(デザイン)と揶揄されたらどうでしょう??

なーんか皮肉っぽくてイヤーな気分になりません??

ま、これぐらいにしときます(笑)

 

↓うーん。

3D刺繍

残念だ(笑)

こりゃ、元々が間違っているのでは??

そう。刺繍データ。。。

こんな時は基本に立ち返りデータを見直そう。

下地の布と刺繍糸は売るほどあるので

何度でもトライして良いじゃないか。

そのうち経験値が上がって良い物が出来るはず。

目指せ!脱!残念な刺繍!ww

 

↓おぉぉぉっ。

3D刺繍

これで良いのか??

所々、中身が出ちゃってますが

これは私が悪い。原因は解っているので今回は良し。

 

↓反対側からも

3D刺繍相撲ゼッケン

所々、身が出てます(笑)

でも、これも押し込んでやればよろしいのでOK。

刺繍の先輩諸氏に聞けば解決も早いのでしょうが

教えてくれる知り合いもいないので

自分で解決していくしかありません。

今回もすんごく勉強になりました。

 

と言うことで3D立体刺繍入り相撲ゼッケンを

テスト販売致します。

ご興味のある方はお問合せからどうぞ。

 

/////

じつは、先週の土曜日に昇華転写用のプリンターが壊れました。

ま、13年も使っているプリンターなので

いつ壊れてもおかしくない状況ではあったのですが。。

本日、修理用のパーツも入荷して明日の修理を待つのみ。

昇華転写の仕事を

お待たせしているお客様、すんませんが

もう少々お待ちくださいませ。

明日の午後からには復帰予定です。

 

ではでは(=^∇^=)。

7月も頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。

 

Facebook コメント

博多華丸・大吉のなんしようと?にて紹介されました。

博多華丸・大吉のなんしようと?にて当社が紹介されました。色々な方面からお祝いの言葉やお仕事のお話しを頂いております。刺繍ワッペンやPayPayのぼり旗の事・看板のことなどお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お電話は092-591-5877
携帯は090-8830-9969 今村まで
fax→092-591-5855
もしくは専用のお問合せフォームからどうぞ。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA