プリントTシャツが出来るまでーシルク印刷編

プリントTシャツ用データー

かれこれ20年のお付き合いになる社長さんよりご注文(感謝)

最初にやることはTシャツの形に当てはめて

イメージを制作。

これをお客さんに送って確認してもらいます。

デザインが決まったら製版作業へGO。

 

↓フィルム製作。

印刷用フィルム

シルク印刷用のポジフィルムを作ります。

製版用なのでフィルムの色は黒。

昔は赤いフィルムでしたが今は黒。

 

↓位置を合わせて。

シルク印刷用版

感光剤を塗った版に位置を合わせてセットします。

ここが結構大事なポイントで

斜めにセットしちゃうと後々面倒なことになります。

なのでキッチリ計ってセットします。

 

↓製版機へ。

製版機

製版機の中は真空になってます。

真空にすることでフィルムと感光剤を塗った版を

密着させてケミカルランプで露光させます。

露光中は隙間からムラサキの光が漏れてますが

ジッと見ない方が良いです。

目をやられます(怖)

 

↓製版完了。

シルク印刷用版

バッチリ焼けました。

ここまで来れば一安心。

 

↓プリント開始。

黒Tシャツに白印刷

最初に下地の白を印刷します。

今回は私の気分で真っ白にしようと決意(笑)

普段ならしませんよ。

真っ白にするためには1回印刷した後

乾燥させてもう1回印刷しなくちゃいかんので

チョー面倒なんです。

今回は特別。

 

↓2回目の白印刷。

黒Tシャツに白印刷

はい。

真っ白になりました。

まるでラバーシート貼ったみたいに真っ白です。

キレイですが、あまりやりたくないです。ww

だって時間かかるんですもんー。

 

↓次の色へ。

シルク印刷

先に印刷した白の上から黒で印刷します。

前にも紹介しましたがインクは熱で乾燥するタイプ。

150℃以上の温度で硬化します。

 

↓バッチリです。

プリントTシャツ

黒いTシャツの上から黒を刷っても

見えるもんですね。

 

↓順調順調。

Tシャツプリント

サイズ・色とバラバラですが

問題なし。

うちでは追加料金無しで対応しちゃいます。

 

↓乾燥。

プリントTシャツ乾燥機

ベルトコンベア式の乾燥機で印刷面を乾燥。

これで背中側完成。

良い感じ。

出来が良いと気分も良い。w

 

↓胸に店舗名をワンポイントで。

Tシャツに胸ワンポイント

こちらも下地に白を印刷。

先程と同じやり方で仕上げていきます。

 

↓ズラズラ。w

プリントTシャツ乾燥機

プリント面が小さいので

重ねてどんどん乾燥させます。

 

↓袋詰め作業へ。

プリントTシャツ

大きな会社ではTシャツの

折りたたみ機があります。

パタンパタンと自動で畳んでいくんです。

さすがに当社みたいな貧乏会社では買えないので

人力で頑張ります(笑)

 

↓完成ーー。

プリントTシャツ

20着のご注文でした。

畳んでしまうと背中のキャラクターが見えないので

記録用に写真撮っておきました。

プリントTシャツ

「色もサイズも自由ですよー」って

うたい文句でやっていたら

ホントにバラバラです(笑)

Tシャツの色によってはプリントの色も

変えなきゃいかん時もあるのですが

そこもサービスしている

わ・た・し。w

私の気が変わる前にご注文お待ちしております。w

/////

昨日今日と夕方から大雨です。

なんとも変な天気。

ただ、気温が下がって夜が過ごしやすくなってます。

すこーしだけ秋を感じる昨日今日。

皆様も体調に気をつけて

お過ごし下さいませ。

ではでは(=^∇^=)。

Facebook コメント

お問合せについて

時期は不明なのですがお問合せフォームから頂いたメールが全て届いておりませんでした。原因が分かるまで昇華転写の桃太郎屋のフォームを利用致しますので、よろしくお願いいたします。
※フォームからのお問合せで返事か来ていない方は、大変お手数ですがもう一度お問合せ願えればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA