オリジナルTシャツをプリンターで印刷する工程なの。

Tシャツ前処理機

30年来お付き合いのあるお友達より

Tシャツのご注文♪

フルカラーでしたので久々にガーメントプリンターの登場。w

 

プリンターでTシャツに直接プリントする場合は

はじめにTシャツに前処理剤を塗る必要があります。

以前は霧吹きで拭いてローラーでゴロゴロ塗ってましたが

面倒くさくなって自動塗り塗り機を購入。

それが上の写真。

指定した場所にシャーッと噴霧してくれる優れものです。

 

↓プリンターにセットして印刷開始。

ガーメントプリンター

白インクを搭載しているので黒や濃色Tシャツにも

プリント可能なんです。

 

↓白プリント。

ガーメントプリンター

良い感じ。

通常、白は2回プリントします。

重ねてプリントすることで真っ白に仕上がるのです。

この後カラーをプリントします。

 

↓あちゃーーー。

ガーメントプリンター

茶色く見える部分ですが

ほんとは黒。なのに茶色に。。

ここがEPSONガーメントプリンターのおバカなところ。

どういう訳か黒を謎の茶色でプリントしてやがります。

黒がこんな調子なのでグレーも苦手。

このへんは欠陥でしょ??って言いたくなります。

 

↓データを修正して。

オリジナルTシャツ

Tシャツの黒を活かすようにデータを作り直しました。

今回はTシャツの色が黒なので事なきを得ましたが

Tシャツの色が赤とか他の色だったら??

はい、濃い茶色でプリントされます。

白いTシャツの場合は?

一見すると黒に見えますがよく見ると茶色。ww

 

信じられなーいです。

黒が印刷出来ないプリンターなんて。

もちろん黒インクも搭載してるんですよ。

でも何故か茶色になります。

なのでガーメントプリンターを検討している方。

よくよく判断して導入して下さい。

泣きますよ。

ちなみにbrotherのガーメントプリンターのほうが。。

これ以上言うまい。ww

 

↓仕上げの乾燥行程。

Tシャツ乾燥機

コンベア式の乾燥機で完全乾燥させます。

これでカラッカラに乾くのです。

 

↓もういっちょ。

Tシャツ乾燥機

この絵柄はお店入口の看板をお客様が

写真を撮って送ってこられました。

それをトリミングしてTシャツにプリント。

このへんのデータ作りは任せて下さい。

なんせMac信者歴30年ですので(笑)

 

↓前にも文字。

オリジナルTシャツ

 

前側に入っている文字、じつは銀色。

銀色はプリント出来ないのでラバーシートを貼って仕上げてます。

 

↓袋詰め。

オリジナルTシャツ

たたんで袋詰して完了。

予定より1日早く出来上がりました。

 

↓じつは旗も。

布製横断幕

一緒に横断幕もご注文頂きました♪

うちの布製横断幕は収納袋付き。

こちらも喜んで頂けましたー。

 

/////

↓今年最後のゴミ出し。

事業所ゴミ

年末ギリギリに出すと業者の方も大変だろうと

思って早めに大掃除しました。

これで事務所の中もスッキリ。

 

さぁ、あとは年内を突っ走るのみ。

と言うても仕事が無い(涙)

先程のゴミにしてもいつもの半分ぐらいの量。

とにかく閑古鳥が鳴く状態。

いや、全然仕事が無いと言うわけではなくて

徹夜するほど無いと言うこと。

私の忙しい定義は

徹夜が三日三晩続く状況。ww

 

ああー。徹夜したい。

三日ぐらい徹夜したい。w

久しぶりに体力の限界に挑戦したい。ww

 

ではでは(=^∇^=)。

Facebook コメント

博多華丸・大吉のなんしようと?にて紹介されました。

博多華丸・大吉のなんしようと?
博多華丸・大吉のなんしようと?にて当社が紹介されました。色々な方面からお祝いの言葉やお仕事のお話しを頂いております。プリントTシャツや刺繍・看板のことなどお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お電話は092-591-5877
携帯は090-8830-9969 今村まで
fax→092-591-5855
もしくは専用のお問合せフォームからどうぞ。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA