ツナギ(円管服)の背中にシルク印刷でイラストをプリント。非売品ですよw

乾燥機

Tシャツのご注文を頂いたお客様より

「今村さーん。ツナギにプリント出来ます??」

「大丈夫ですよー。ツナギも仕入れますよー」

と言うことでサクッと仕入れ。

印刷用の版は前回Tシャツのプリントで

使った版をそのまま利用します。

 

↓到着。

ツナギ

機能性を重視して腰の部分が蛇腹みたいになったのを仕入れました。

あんまり安いのはちょっとね。

ここは品質重視で。

 

ツナギに社名入れ

版があるので仕事が早い。

早速プリント作業。

た・だ・し!

印刷の向きが逆。正反対。

Tシャツやポロシャツは手前側に首の部分が来ますが

ツナギは真逆。

これに伴って印刷用の版も180度回転させてセットします。

 

↓なーんか、人がダラーッとしてる感じに見えますね(笑)

ツナギに社名入れ

ここだけのお話しなのですが

じつは黒の印刷はめっちゃ楽なんです。

なんと言ってもインクが柔らかい。

印刷の時のチカラがいらないのです。

それに比べて白や黄色のインクの堅いこと堅いこと。

感覚的には堅さは半分以下でしょうか。

 

ウワサではTシャツ印刷の工場では

黄色の印刷が来るとジャンケンで

誰が印刷するか決めるそうです(笑)

この仕事は力&持久力仕事なので

若さが大事。w

私58歳。

もう一人の高田君53歳。

ちょーっとヤバイお年頃です。ww

 

↓ベルトコンベア式乾燥機へ。

ツナギに社名入れ

印刷が完了したツナギは乾燥機の中へ。

おおよそ160℃ぐらいの温度でインクを硬化させます。

当社が使うインクは温度で硬化するタイプ。

なので常温では何日経っても乾燥しません。

このベルトコンベア式乾燥機は必須の設備なのです。

 

↓出てきました。

ツナギに社名入れ

ほっかほっか状態です。

この状態ではちょっとベタベタしてますが

冷えるとべたつき感は無くなります。

 

↓出来上がり。

ツナギに社名入れ

無事に完成。

ちなみに非売品です。

ご覧の通りお客様個人の趣味です。ww

 

↓特別公開どアップ。

布にシルク印刷

シルク印刷は細かい目のある版を通してインクを定着させます。

メッシュの細かさによってエッジの精細さも変わってきますが

布系はどちらかと言うと目が粗い版を使って

インクがポッテリとノるようにします。

 

↓全体の図。

ツナギに社名入れ

良い感じに出来上がりました。

このツナギ、腰の部分に蛇腹があるので

F1のレーシングドライバーが来てる

ツナギっぽくて格好いいです。

 

↓色も色々あります。

ツナギ

ご興味ありましたら1着でも仕入れてプリントまでしますので

お問合せからどうぞ。

/////

↓今週はフルカラーTシャツだけで190枚ほどプリントしました(大感謝)

白印刷

Tシャツに直接印刷出来るガーメントプリンターですが

今回はベースに白を印刷。

これがなんと高価な白インクを8本近く使うという

おそろしい結果に(驚)

まじでビビりました。

インク代が気になる方は

エプソン|ガーメントプリンターで検索して下さい。ww

 

さぁ、来週はゴールデンウィーク前の1週間。

気合い入れて参りますので

共々に頑張って参りましょう。

ではでは(=^∇^=)。

Facebook コメント

お知らせ。

メールでのお問合せに関しての注意事項です。ご一読お願い致します。
・お問合せメールには一両日中に必ず返信しております。
・メールが届いてない場合は迷惑メールに振りわけられている事がほとんどです。
・返事が来ないと判断する前によくよくご確認下さいませ。
・せっかくお問合せやご注文を頂きましてもこちらからのメールに返信が無い場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。
・デザインを提出した後に連絡が途絶える方もおられます。ショックで夜も眠れません。
以上よろしくお願い致します。
fax→092-591-5855

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA