昇華転写で応援旗を製作。嬉しいことに写真を送っていただきました。

長瀞スターズ

なーんと、うちが昇華転写を導入した当初のお客様より

「さすがに10年以上使ってきたので痛んできましたー。」

と言うことで当社を思い出していただきました(大感謝)

昇華転写を導入したのは私が43歳の時。

いまから16年前のお話し。

知識があるのと実際に作業するのとは大違い。

本当に悩まされた昇華転写でしたが

いまではベテランの域になってきました。

悩んだ分だけ成長したって感じです。

 

↓早速、転写作業開始。

昇華転写作業

昇華転写は専用の紙へ一旦印刷します。

そして布と重ね合わせて200℃を超える熱転写機へ

放り込んで紙から布へ転写させる技術です。

 

↓転写後の出口。

昇華転写作業

出てきたら巻き取っていきます。

応援旗の場合は布は薄手のポンジを使用するので

裏まで綺麗にインクが染まります。

 

↓もういっちょ。

昇華転写作業

ちなみに昇華転写の転写速度は本当にゆっくりです。

どれぐらいの速度かというと

ハエが止まりそうな速度です(笑)

冗談では無く、本当です。ww

あわてず騒がず、ゆっくりじっくりが昇華転写の基本。

 

↓収納袋も一緒に転写。

昇華転写作業

うちの応援旗・応援幕横断幕はすべて収納袋付き。

物凄く喜んでいただいているサービスです。

 

↓転写後は周囲をヒートカット。

応援旗ヒートカット作業

生地はポリエステルなので熱で溶かすことが出来ます。

なのでヒートカッターを使って溶かしながら切っていきます。

なので写真に写っている2mのアルミ定規は必須の道具。

この作業もゆっくりじっくりとなります。

 

↓カット完了。

応援旗の表と裏

裏側もこんな感じできれいに透けてます。

全く同じ色になるかと言えばそれは無理。

ちょっと薄い感じですが白っぽくなったりはしません。

このへんは私のこだわりです。

 

↓もういっちょ。

応援旗の表と裏

表と裏の色の違いが分かりやすい色ですね。

ま、旗を表裏の両方から見ることは無いので

気にする部分では無いと思います。

 

↓ちょっと厚手の生地の表裏。

トロピカル横断幕

トロピカルという生地に昇華転写した場合の

表と裏の違いです。

トロピカル生地はポンジよりも厚手なので

裏までインクが通りません。

なので写真のように裏は白っぽくなります。

 

じつはこの商品。。。

生地を間違えて作ってしまいました。

本当はもっと厚手のトロマット生地だったのを

何を勘違いしたのかトロピカルで転写してしまいました。

なので涙涙の作り直し。

間違えて作った分はサンプルで事務所に置いときます。

 

↓収納袋付き応援旗の完成です。

長瀞スターズ応援旗

周囲を縫製してロープを通す部分にハトメを打って完成です。

ちなみにこの長瀞と言う文字。

書体によって文字が変わるというおそろしい文字。

うちはかなり古い書体もパソコンで使用しているのですが

古い書体を使うと””の部分の

円が月に変わります。

恐ろしい子(笑)

ご注文、本当にありがとうございました。

収納袋付き応援旗のご注文はこちらから↓

収納袋付きフルカラー応援旗・応援幕の製作-昇華転写の桃太郎屋

/////

ちょっとお知らせですが

野多目のシルク印刷工場が

今月いっぱいを持って立ち退きとなりました。

思えば借りたのは33年前。

いまの大家さんのお父さんの時代。

本当にお世話になりました。

 

新しい工場も見つからず

どうしようかと悩んでいましたが

これを機に捨て看板等のシルク印刷から

撤退することとなりました。

ま、近年はそんなに仕事も無かったし

赤字の部門でもあったのでちょうど良い

潮時かと思ってます。

 

さぁ、シルク印刷の捨て看板や巻き看板は

3/23月曜日をもって受け付けを終了します。

予定のある方は締め切りに間に合うように

データを入稿して下さい。

ではでは(=^∇^=)。

Facebook コメント

博多華丸・大吉のなんしようと?にて紹介されました。

博多華丸・大吉のなんしようと?にて当社が紹介されました。色々な方面からお祝いの言葉やお仕事のお話しを頂いております。刺繍ワッペンやPayPayのぼり旗の事・看板のことなどお気軽にお問い合わせ下さいませ。
お電話は092-591-5877
携帯は090-8830-9969 今村まで
fax→092-591-5855
もしくは専用のお問合せフォームからどうぞ。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA