たこ焼き屋さん開店セットの巻

シルク印刷

「すみませーん。会社の前の道路でちょっと作業しまーす」

と、電気工事関係の方がご挨拶に。

どうぞどうぞ。と気持ちよく対応。

 

すると、Tシャツ出来るんですね!

じつは、たこ焼き屋を始めるんです。

色々、必要なものを教えて下さい。

と言うことで色々と提案。

サクッと決まって製作に取りかかりました。

 

↓前掛け

オリジナル前掛け

シルク印刷で仕上げました。

前掛けって表面に撥水加工してあるんです。

なので、ラバーシート貼っても使用しているうちに

剥がれちゃうんです。

なので製作方法は頑丈なシルク印刷一択。

 

↓Tシャツ。

たこ焼き屋Tシャツ

胸ワンポイント、背中に店名をドーンと。

前掛けと同じ印刷版を使ったので

お安く仕上がりました。

 

↓のぼり旗

たこ焼き屋のぼり旗

のぼり旗は昇華転写で製作。

ちなみにイラストや文字データは看板工事を請け負っている

看板屋さんから頂きました(感謝)

 

↓刺繍帽子。

刺繍帽子

相変わらず、刺繍の開始はドキドキします。

位置が間違いないか何度も確認してスタート。

 

↓じゃーん。

刺繍帽子

バッチリ出来上がり。

帽子に関しては刺繍一択で仕上げてます。

何故プリントで仕上げないのって?

だって刺繍の方が格好いいでしょ。w

それだけの理由です。

 

↓どアップ。

刺繍帽子

この書体は刺繍書体に無いので

パスを拾って私が作りました。

上手になったもんだと自画自賛。

ちなみに今回の帽子はメッシュタイプ。

メッシュ言うても透け透けのメッシュじゃ無くて

サッカーとかのユニフォームに使われている

生地みたいなメッシュです。

 

↓最後に前掛けの写真。

たこ焼き屋前掛け

ショートタイプの前掛け。

通常の長いタイプの前掛けはスネぐらいまで

ありますがこれはヒザぐらいまで。

女性にピッタリの前掛けですね。

 

無事に出来上がりました。

ご注文、本当にありがとうございました♪

 

/////

よくよく考えたら今月は年度末。

どおりで工事が多い(感謝)

月末に向けて残り2件の予定が入ってます。

職人さんにも連絡して手配済み。

あとは当日の晴天を祈るのみ。

/////

世界状況が緊迫している中

私達に出来る事は何でしょう。

双方に多くの犠牲者が出てます。

今でも多くの支持を集めているらしい指導者

おそらくですが攻め込んだ方の国民に真実は知らされてないのでしょう。

 

先の大戦では日本国民も事実を知らされませんでした。

人間が心の中で作り上げた神という存在を

信じて戦いに挑んだ小国。

神風など吹くはずも無いのに。

 

日本も再軍備をして等の意見が出てきました。

要するに自衛隊を軍隊にしたくてたまらない人達が

日本にいると言うことです。

核武装したくてたまらない人達がいると言うことです。

 

21世紀の戦争はボタンを押すだけの戦争と思ってました。

直接、戦地に赴いて戦うなんて過去の事だと思ってました。

ウクライナでは激しい地上戦が行われてます。

軍人だけで無く民間人も犠牲になってます。

相変わらず、人間同士が最前線で撃ち合うのです。

 

あなたは自分自身や身内・子供や孫が戦地に赴くことに賛成ですか。

立派に散ってこいと送り出すことが出来ますか。

私には到底出来そうに無い。

 

頭の良い人。

解決策を考えて下さい。

宗教間のこと。

貧困。

領土問題。

思想。

 

全てを見通せる人。

双方の正義を聞ける人。

そして妥協点を見いだせる人。

どんな指導者に会っても物怖じせず

堂々と渡り合えるそんな人物の登場を待ってます。

登場を祈ってます。

 

そして1日も早い紛争終結を祈ってます。

 

追伸:

亡くなった双方の犠牲者に黙祷を捧げます。

Facebook コメント

ご相談はこちらから

お問い合わせはこちらから
看板・垂れ幕・のぼり旗・応援旗・Tシャツ等々、ほぼ全ての商品を自社製作しております。
金額や納期の相談等、お気軽にご相談下さいませ。

特にお急ぎの場合は携帯電話へ御連絡下さい。
090-8830-9969 今村
fax→092-591-5855

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA