持ち込みジージャンに刺繍ワッペン貼り付け。

ジージャン

バイク乗りの方からのご依頼。

ジージャンに刺繍ワッペンを貼り付けて欲しいとのことで

持ち込まれました。

ジージャンと言うよりチョッキ?いやベスト?

今どきはチョッキなどと言う呼び方はしないのでしょうね(笑)

 

直接、ジージャンに刺繍した方が材料代もかからず

簡単で良いのですが万が一にでも失敗したら

大変なことになります。

今回の持ち込みジージャンにもすでに背中いっぱいの

ワッペンが貼られてました。

このワッペン、下地は私が使ったことのないフェルト製。

厚みがあって中々の重厚感です。

 

このワッペン。

四角い状態で送ってきたそうで

自分でハサミで切って縫い付けたそうです。

うーん。

それで良いのか。。

 

↓刺繍開始。

大型刺繍

このサイズならそんな時間もかからず終了。

でも、ちょーっと気に入らない。

悪くはないのだけれども気に入らないので

下地を変えて作り直し。

 

↓下地を赤で。

ワッペン刺繍

下地を変えて刺繍の設定も変えて

やり直しました。

これが正解。

色々悩むよりもサクッとやり直しの判断が大事ですね。

 

↓動画公開。

私のインスタでは刺繍中の動画や

私の週に一度のお楽しみ♪

居酒屋風景をアップしてます。フォローしてください。w

 

↓周囲をヒートカット。

刺繍ワッペン切り抜き

文字の周りをヒートカッターで切っていきます。

ちょっとした慣れが必要ですが慣れればサクサク。

手先の器用さだけは負けないと自負してます。w

 

↓バッチリ。

刺繍ワッペン

ヒートカットは生地を溶かしながら切っていくので

ほつれることもありません。

刺繍部分は大丈夫なのか?って。

刺繍糸は熱に強いレーヨン製なので

ちょっと触れたぐらいでは溶けたりしません。

反対に下地の生地の部分は熱に弱いポリエステル。

ちょっとでも触れると穴が空きます。

この両者の特性を活かしてカットして行くのです。

 

↓裏側には強力糊付き。

刺繍ワッペン

ワッペンの裏側には強力な糊を付けてます。

これを当社の熱プレス機で圧着します。

一旦付いたらちょっとやそっとのことでは剥がれません。

 

家庭用のアイロンで付けるときは気合いが必要です。w

高温(160℃程度)にして20秒間ほど

体重をかけて圧着。

体重にもよりますが(笑)

これで着くと思います。

 

↓完成の図。

ジージャンに刺繍

暴走族じゃ無いですよ。ww

バイクが好きな方々の集まりみたいです。

 

↓完成の図その2。

ジージャン

ポケットの上に刺繍ワッペンを貼りました。

こちらもバッチリ。

納期もギリギリ間に合いました。

これを着て思う存分走って下さい。w

 

/////

ゴールデンウィークが開けての

アッと言う間の1週間。

時の流れに身を任せたくないお年頃。

やりたいことが山積みなので

もうちょっとゆっくり流れてくれい!

と思うのですがやっぱ歳なんでしょうね。

還暦まで2年を切って焦るばかり。

だれか若返りの魔法でもかけて下さい。ww

ではでは(=^∇^=)。

Facebook コメント

お問い合わせはこちらから

看板・垂れ幕・のぼり旗・応援旗・Tシャツ等々、ほぼ全ての商品を自社製作しております。
金額や納期の相談等、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

特にお急ぎの場合は携帯電話へ御連絡下さい。
090-8830-9969 今村
fax→092-591-5855

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA