シルク印刷・転写などなど。Tシャツ製作方法駆使しました。

Tシャツ印刷機

まずはシルク印刷でTシャツにプリント。

黒いTシャツに白でプリントなので

真っ白に仕上げるために2回重ね刷りします。

 

↓その時に必要なのがこれ

パネルヒーター

パネルヒーターです。

フットスイッチで首を振ってくれます。

 

↓こんな感じで。

パネルヒーター

このパネルヒーターは設定した秒数が来ると

首を振って元の場所に戻ってくれます。

ただし!

電源は入りっぱなしなので電気大食らい。

パネルヒーターは一旦電源を落とすと

温度がガクンと下がってしまうので

ここは致し方ないところ。

ちなみにパネルヒーターが無いと

多色刷りは出来ません。

Tシャツプリントには必須の設備です。

 

↓袖にもプリント。

Tシャツ袖プリント

袖用のプリント台にセットしてプリント。

これも黒のTシャツに赤なので

2回重ね刷りします。

 

↓良い感じ。

Tシャツ袖プリント

印刷台が10cm幅なのでプリント幅は9cmまで。

これ以上は無理。

貧乏会社なので勘弁して下さい(笑)

 

↓次はフルカラープリント。

ガーメントプリンター

Tシャツ専用のフルカラープリンターを使って

Tシャツに直接プリント出来ます。

最初に下地の白をプリント。

 

↓つぎにカラーで。

ガーメントプリンター

白の上からカラーでプリントします。

これで綺麗にカラーが発色します。

 

↓おっとプリント前に。

Tシャツ前処理機

Tシャツに前処理剤を塗布します。

これをしないと綺麗にプリント出来ません。

この機械は塗布量や塗布回数を設定出来るので

めっちゃ便利。

以前はローラーで塗ってましたが

もう人力には戻れません。w

 

↓シルエットもプリント。

プリントTシャツ

シルク印刷でやろうかとも思ったのですが

今回は疲れていたのでガーメントプリンターのお世話になりました。w

ちょーっと酷使しすぎて手が腫れちゃってまして。w

 

↓念には念を入れて。

Tシャツ乾燥機

通常はプレスヒーターで乾燥させて

完成なのですが、プレスヒーターでは

あまり乾かないのでコンベア式乾燥機で

最終乾燥させます。

 

↓コンベア式乾燥機出口。

Tシャツ乾燥機

ちなみにヒーター内の温度は160℃超え。

カラッカラになって出てきます。

 

↓完成ー。

プリントTシャツ

洗濯堅牢度も中々のもんで

少々のことでは剥がれたりしません。

 

↓ラバーシートで。

プリントTシャツ

ゴールドのシートを貼って仕上げてます。

センターのBLACK DIAの文字は

レーザートナー転写。

今回はありとあらゆる方法で仕上げました。

 

↓袋詰めして完成ーの図。

プリントTシャツ

なんとかイベントに間に合いました。

ホッと一安心。

ご注文ありがとうございました。

 

↓事件発生ーー(涙)

オリジナルストラップ

オリジナルストラップのご注文を請けたのですが

シルク印刷後の乾燥でご覧の状態に(涙)

急遽、製作方法を変えることに。。

ちょっと気持ちが凹みましたが

ウダウダ言ってる時間は無いので

気持ちを切り替えて頑張ります。

/////

100日後に死ぬワニの最終回に感動して

生きると言うことを考えさせられた週末。

皆生まれた瞬間から死へのカウントダウンは

始まってますもんね。

何気ない日常を大事にしようと思いました。

ではでは(=^∇^=)。

Facebook コメント

453eeeブランドTシャツ販売開始!

福岡を拠点に活動されている453eeeさんのデザインTシャツを当社で製作販売することになりました。デザイナー応援企画第一弾として6種類のデザインで販売開始です。ご興味のある方は是非どうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA