久しぶりのメッシュターポリン懸垂幕。50mを1本仕入れ。ついでにバールも(謎)

メッシュターポリン懸垂幕

ホントに久しぶりにメッシュターポリン製の懸垂幕のご注文♪

前回のロングなメッシュターポリンのお仕事で

在庫がなくなってましたので1本仕入れ。

メッシュターポリン懸垂幕を取付に。腕が棒に。ww

1本と簡単に言っても幅2m×長さ50mもあるので、タップリ在庫となります。

な・の・で!

お仕事下さいませ。w なにとぞ!です。

 

↓メッシュターポリンの裏側を特別公開。

メッシュターポリン

メッシュターポリンはその名の通りメッシュ状になってますので

印刷面は穴だらけです。

そのまま印刷するとインクがメッシュの穴を通り越して

プリンターがインクまみれになってしまいます。

 

そこで裏側には薄いビニールを貼ってインクが漏れないようになってます。

印刷が完了したら裏のビニールを剥がして縫製に回します。

 

ここで面白い話を思い出しました。w

ちょっと前の話なのですが、当社にかなり大きめのメッシュターポリンの

お話しが舞い込みました。

ところが見積もりで負けてお仕事は他社へ。

そこで事件は起きた。

 

なんと、いつも縫製をお願いしているテント屋さんに

このメッシュターポリンが持ち込まれていたのです。w

世間は狭いですね。

ところが。。

 

なんと、メッシュターポリンの裏と表を間違えて

裏のビニールに印刷してあったのです(笑)

縫製を頼まれたテント屋さんもビックリしたでしょうね。

そして印刷をやり直し。

で、またまた事件。ww

 

通常、大物のターポリン等を印刷するプリンターは

生地を送り出す部分がこのようになってます。

メッシュターポリン懸垂幕

ゴム製のローラーでガッチリ押さえてあって

数十キロにもなるターポリンをプリンターヘッドの動きに合わせて

送り出してくれるわけです。

 

ところが今回のメッシュターポリンを請け負った業者の

プリンターはこのゴムローラーの部分の数が少ないタイプのようでした。

このタイプのプリンターは廉価版の位置づけなので

私達は手を出さないのですが。。。

ゴム製のローラーが少ないタイプは送り出す精度が

まちまちなので長さがバラバラ。

 

今回の縫製を請け負ったテント屋さんは長さが合わなくて

大変だったようです。

二度と請けたくないと言ってました(笑)

 

↓生まれて初めてバール買う。w

バール

現場でちょっと穴掘りをするので買いました。

こいつで、つつけば堅い地面も行けるかなと思って。

何に使うのかって?

それは次回のブログにて紹介致します。

ちょっと一触即発の事件がありまして

まじで怒り爆発寸前でした。

耐えた私を褒めてあげたい。

ではでは(=^∇^=)。

 

Facebook コメント

お知らせ。

メールでのお問合せに関しての注意事項です。ご一読お願い致します。
・お問合せメールには一両日中に必ず返信しております。
・メールが届いてない場合は迷惑メールに振りわけられている事がほとんどです。
・返事が来ないと判断する前によくよくご確認下さいませ。
・せっかくお問合せやご注文を頂きましてもこちらからのメールに返信が無い場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。
・デザインを提出した後に連絡が途絶える方もおられます。ショックで夜も眠れません。
以上よろしくお願い致します。
fax→092-591-5855

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA