シルク印刷工場は久しぶりのバッタバタ。私は黙々と電照看板作り。

シルク印刷

シルク印刷工場が忙しいのは何時以来でしょうか(嬉涙)。

高田君に全てを任せているので私はインクの名前すら忘れました。w

今回の印刷用に仕入れた新しいインクは乾きも早くて

良い感じのようです。

高田君もご満悦。

乾きが早いとその分、次の工程に入れるので大事な事なのです。

 

↓着々と出来上がってました。

ゴミ出しルール看板

今回のシルク印刷は3色刷り。

乾きが早いのでサクサクと進んでいるようです。

2000枚よろしくお頼みします。(=^∇^=)。

 

↓私は電照看板作り。

鉄骨看板

鉄工所にお願いしていた電照看板用の鉄骨枠が出来上がってきました。

予想よりかなり重たい。。。

頑張って事務所の中で引きずり回して配線工事に移ります。

 

↓先ずは下準備。

26φソケット穴

今回の電照看板は周囲にフラッシュ球が入ります。

周囲に開けてもらったソケット用の26φの穴。

 

↓ポコッと。

26φ電球ソケット

いや、ポコッとは入りません(笑)

かなり堅いです。ギュウギュウと押し込む感じでセットしていきます。

そこから圧着ペンチを使って配線工事。

スリーブに配線を入れて圧着して絶縁テープを念入りに巻いて

仕上げていきます。

ここで手を抜くと漏電という恐ろしい結果が待っていますので

とにかく念入りに確認しながらの作業です。

万が一にも漏電したら?

どの部分が漏電しているのかなんて調べるだけでも大変なので

配線を全部やり直し。

そうならない為の念には念を入れた作業なのです。

 

↓特別公開。フラッシュ球点滅画像(注意!画面がフラッシュします。)

LED球なのでカメラでは捉えきれないですね。

再生を一時停止すると球が光ってるのが解ります。

 

フラッシュ球は無事に点灯したので一安心。

次は真ん中部分にLEDの照明を仕込みます。

 

フラッシュ球付き看板

これは楽勝!

アッと言う間に配線完了。

何故ならば!!

最初から全部繋がっているので(笑)

 

↓特別に拡大の図。

LED看板

一昔前まではここに蛍光灯をセットしてました。

もし蛍光灯なら総ワット数は100wを超えていたでしょう。

今回のようにLEDにする事によって半分以下のワット数で済みます。

省エネですね。

そしてもう一点LEDに変えて良いところ。

それは看板の厚みを薄くする事が出来ます。

電照看板を蛍光灯でセットするとその厚みは最低でも25cmは必要。

 

LEDですとなんと!15cmでOK。

いや、もっと薄くても大丈夫です。

次の仕事ではもっと攻めてみようと思います(笑)

 

↓試験点灯の図。

LEDの看板照明

いやん。バッチリです。

ちなみに看板の左上に見える穴は熱抜き用のガラリ。

LEDは熱がこもると寿命に影響するので熱抜きは必須です。

 

さぁ!LED照明とLEDフラッシュ球の共演を特別にご覧に入れよう(笑)↓
注意!画面がフラッシュします。

無事に完成しました。

土曜日に職人さんが取付に行かれます。

よろしく頼んます。

/////

今月もあと数日ですね。

駆け込みのお仕事、相談OKですので

何卒よろしくお願いいたします。

ではでは(=^∇^=)。

https://www.momotaroya.com/blog/%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b

Facebook コメント

お知らせ。

メールでのお問合せに関しての注意事項です。ご一読お願い致します。
・お問合せメールには一両日中に必ず返信しております。
・メールが届いてない場合は迷惑メールに振りわけられている事がほとんどです。
・返事が来ないと判断する前によくよくご確認下さいませ。
・せっかくお問合せやご注文を頂きましてもこちらからのメールに返信が無い場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。
・デザインを提出した後に連絡が途絶える方もおられます。ショックで夜も眠れません。
以上よろしくお願い致します。
fax→092-591-5855

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA