色々ありすぎて心が折れそうでした。

月末は何故か急ぎの仕事が集中する感じ。

上の写真は町中でよく見るレンタルボックスの宣伝用看板

3色印刷で枚数が60枚でしたのでシルク印刷3色刷りで製作してます。

この枚数になると金額的にはシルク印刷が断然有利。

同じデザインで10枚以上ならシルク印刷がお勧めです。

 

↓カッティングシートの切り文字。

設備用の配管に貼るカッティングシートの切り文字です。

当店は放射能施設の設備工事をしている会社と取引があるので

配管設備用のカッティングシートの切り文字が毎月のようにきます。

放射能施設というと原子力発電所?のイメージがありますが

じつは他にもあるのです。

 

そう。レントゲン室がある施設。病院です。

職人さん達が貼りやすいようにリタックシートを表面に貼って

出来上がり。

 

↓色合わせ。

他所で印刷した見本を持ってこられて

「これに合わせて欲しい」と。

うーん。まったく同じ色にはなりません。

絶対無理です。

同じプリンターで同じデータをプリントするなら限りなく

同じ色が出ると思います。

しかし、プリンターが違う時点でアウト。

あくまでも近似色とと言うことで対応してます。

 

/////

1/28日曜日に30年以上のお付き合いとなる親友が亡くなりました。

福岡の人なら一度ぐらい名前を聞いたことがあるかもしれません。

小西一吉さん。

初めて出会ったのはお互いが20代の血気盛んな頃。

以来、良いときも悪いときも共に乗り越えてきました。

 

そんな小西さんが15年ぐらい前でしょうか、突然本業の看板屋を廃業して

始めたのが博多祇園山笠の切り絵

とにかくビックリしました。よく思い切ったなと。

詳しいことはまた、後日詳しく残したいと思います。

 

↓その頃に頂いたもの。

上から見た俯瞰の構図に一目惚れ。

昭和を感じさせる独特のタッチも最高ですね。

こりゃ、いけるかもよー。と思っていたら

あれよあれよと有名人の仲間入り。

山笠のシーズンになると必ずテレビにも出演するようになりました。

 

有名人になっても小西さんは相変わらず「元気しとるねー」と言って

時々、私の会社を訪ねてくれました。

 

↓そんなある日に持ってきたのがこれ。

「あんたの似顔絵が切ったけん飾っときー」と。

 

似すぎやろー!!(笑)

 

そんな小西さん。

昨年末、突然やって来て

「いやー、嫁の実家に来たけど、気ー使って疲れる。ちょっとおらして」と

3時間は居たと思う。w

昔話に花が咲いてお互いバカやったなーと大笑い。

お互いに結婚も3回も失敗して「もう良かばい」と。

でも小西さんは4回目の結婚へ(笑)

 

それが小西さんとの最後の会話となりました。

まだまだ、やりたいことが一杯あったでしょうね。

私もまだまだ話したいことが一杯あった。

昔話ももっともっとしたかった。

 

惜しい人を亡くしました。

残念で残念で仕方がありません。

でも落ち込んでばかりいたら小西さんから

「あんたー!気合いがたらんよー!」と

怒られそうなので前を向いて頑張って行きます。

 

小西さん、お疲れさまでした。

小西さんの分も長生きして頑張っていきます。

友達になってくれて本当にありがとうございました。

平成30年1月28日 小西一吉 享年59歳

 

Facebook コメント

お知らせ。

メールでのお問合せに関しての注意事項です。ご一読お願い致します。
・お問合せメールには一両日中に必ず返信しております。
・メールが届いてない場合は迷惑メールに振りわけられている事がほとんどです。
・返事が来ないと判断する前によくよくご確認下さいませ。
・せっかくお問合せやご注文を頂きましてもこちらからのメールに返信が無い場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。
・デザインを提出した後に連絡が途絶える方もおられます。ショックで夜も眠れません。
以上よろしくお願い致します。
fax→092-591-5855

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA